●ホーム
●山陰柴犬の歴史
●山陰柴犬の特徴
●山陰柴犬育成会
●山陰柴犬と暮らす
●アルバム
●お問合せ
●リンク
       
     
     
     
     
     
     
     
     
         
           

   
             
 

愛姫
   
             
 
山陰ノ豪

『フチ』  二ヶ月足らず

山陰の春姫
             
  山陰柴犬には必ずといってよいほど舌斑がある
舌の先だったり奥だったり場所は様々だが、古老は山陰の柴犬として純度が高いほど舌斑が出現すると言う

『ユウタ』  舌先に斑が見える

烈  バランスが崩れ始める頃
山陰柴犬の多くは生後四ヶ月頃から体型のバランスが崩れ始める
七ヶ月頃をピークとして一歳頃にはまとまってくるが、顔細く耳大きく、細い胴体にひょろっと伸びる脚に知らない人は驚く
             
 
山陰龍之介

因幡呑太郎

栗若  烈の父親
           
 
山陰ノ理梨

江府町から望む大山

若桜の椿姫  出産直後
             
     朔太郎


 撮影のために初めて訪問したら
 同級生のお兄さんのお家だった

 狭い田舎の狭い山陰柴界では
 こういうことも珍しくはない
 (それでも驚くけれど)
 
             
 
深まる秋

山陰の寧花  松の木の下の花嫁

有希丸
             
 
貴明  有希丸の子  警戒気味

陽乃姫  1ヵ月半

             
   
恵優姫  もみじ

智石
 
             
 
山陰ノ梨砂

愛姫  梨砂の子

梅の花
             
          <<前のページ >>次のページ
             
 
 
  ●ホーム ●山陰柴犬の歴史 ●山陰柴犬の特徴 ●山陰柴犬育成会 ●山陰柴犬と暮らす  
    ●アルバム ●お問合せ ●リンク    
             
         
      無断転載を禁じます